活動Report

110
【キャンプ×食のPRをプロデュース!】

【キャンプ×食のPRをプロデュース!】

北海道安平町では、平成30年より活動を開始し、情報発信分野の取り組みを多数手がけてきました。 *安平町の活動詳細はこちら 情報発信の活動においては、常に町のシビックプライド(町民としての誇り)の醸成を意識し、できるだけ町民の方と協働しながら、町の将来に誇りや希望を感じてもらえるアウトプットを大切にしています。 ▼町内で放送されるエリア放送「あびらチャンネル」の運営 町の情報発信の領域が拡大していく中、昨年度から町の中心地である道の駅を活用した「回遊交流促進プロジェクト」

スキ
50
『Blanc』リニューアルイベント開催!(三条市)

『Blanc』リニューアルイベント開催!(三条市)

こんにちは!FoundingBase三条の北村彩美(きたむら あみ)です。今回、私達が運営するコミュニティカフェBlancの1周年記念と、それに伴うリニューアルについて、お知らせしたいと思います。 ■ BLANC立ち上げ記事 リニューアルへの思いBlancは「誰かの小さなやりたい」を叶えるというコンセプトの基、メンバー全員で運営をしています。 2020年の6月にオープンし、立ち上げ当初は言葉とアートの表現においてものづくりのまち三条の魅力を伝えることで「余白」を生み出して

スキ
29
『まるごと夢マルシェ』開催!

『まるごと夢マルシェ』開催!

豊後高田市でマルシェがリニューアル!『まるごと夢マルシェ』始めます!豊後高田の夢むすびチームです。 私たちが始める4月からの新しいチャレンジ。 その名も『まるごと夢マルシェ』! どうして夢むすびでやることになったのか?夢マルシェってそもそも何? 今回は夢マルシェの全貌をご紹介します! ■ 夢むすびって何?豊後高田市、昭和の町の「玉津商店街」にある農産物直売所です。 これまで10年間、地域のお母さん方が運営し、農産物やお弁当販売、おせちの事業などを行って来ました。 そんな

スキ
35
まちなかの活性化に取り組む、新潟県三条市の挑戦

まちなかの活性化に取り組む、新潟県三条市の挑戦

新潟県三条市とは?新潟県の中央、五十嵐川が信濃川に流れ込むあたりに舞台となる三条市はあります。特別天然記念物であるニホンカモシカも生息する日本の原風景を残している地域です。 信濃川の雄大な流れはこの地域に稲作など農業面で大きな恩恵をもたらす一方で、時に氾濫し人々の生活を脅かす存在でもありました。農業に従事しながらも、何度も川の脅威にさらされ、災害が発生した地域。貧困に悩まされることも多かったことから、江戸から「鍛治職人」を呼び、農家が副業として鍛治職人になったことが「ものづ

スキ
48
言葉とアートで余白を生み出すカフェ『SANJO BLANC(三条ブラン)』オープン!

言葉とアートで余白を生み出すカフェ『SANJO BLANC(三条ブラン)』オープン!

中心市街地活性化事業を中心に取り組んでいる新潟県三条市で、新たなCommunityスペースとしてカフェ&バーをオープンいたします。 ■事業の概要 新潟県三条市の中心市街地活性化を目的に現地で事業活動を営むFoundingBaseは、中心商店街の一角で余白を生み出すカフェ『SANJO BLANC』をオープンしました。 本事業では、「言葉」と「アート」を通じて、生活や思考に余白(=BLANC)を生み出すカフェをコンセプトとし、運営していきます。「詩」や「短歌」、「美術」など、言

スキ
62
Event Report  "KIWAMI SANJO NIGHT"

Event Report  "KIWAMI SANJO NIGHT"

2月21日(金)、かくれ架BASEにて、「Kiwami SANJO Night〜地域のものづくりの現場から学ぶ、型にとらわれない人生の歩み方〜」を開催しました。 2月7日に開催した第1回目に引き続き、株式会社テーエムの渡辺竜海さん、ニシムラデザインの西村隆行さんをゲストにお招きし、お二人のこれまでの歩みや、オリジナルブランド「96」にかける想い、二人の出会いのきっかけなどを話していただきました。 今回は、お二人を囲む形で、96に映える料理・日本酒を楽しみにながら様々なエピ

スキ
32
Communityスペース"ENTRANCE"のその後(北海道安平町)

Communityスペース"ENTRANCE"のその後(北海道安平町)

祝!開業3ヶ月! 昨年11月、北海道安平町にOPENしたCommunityスペース”ENTRANCE”が開業から3ヶ月が経過しました。 定期的に様々なテーマでイベントを開催し、自然と町民が集う場所になりつつあります。 なんと、開業3ヶ月で累計1,000名以上の方に訪れていただきました! 町民の方々はもちろん、町外から視察に訪れてくださる方々、北海道や安平町に移住を検討されている方々、地方事業の立ち上げを目指す方々、弊社のビジネスパートナー、多種多様な方々が集うComm

スキ
36
Communityスペース ”ENTRANCE” オープン in安平町(北海道)

Communityスペース ”ENTRANCE” オープン in安平町(北海道)

Communityスペース「ENTRANCE」オープン記念MOVIE 北海道安平町で林(代表取締役CCO)が副センター長を務める復興ボランティアセンターが、2019年11月16日にJR追分駅前にCommunityスペース「ENTRANCE」をオープンしました。 ENTRANCEを拠点として、様々な人のつながり、事業のつながりを創っていきます! ■ ENTRANCEその後(3ヶ月後)

スキ
38