マガジンのカバー画像

活動Report

333
各拠点の活動の様子を紹介します。
運営しているクリエイター

#安平町

令和6年度 上期全社キックオフを実施しました!

多くの自治体の皆様に恵まれ、今年2月に創立10周年を迎えたFoundingBase。11期目となる令和6年度のスタートにあたり、上期全社キックオフをオンラインで実施いたしました。 昨年度下期の全社キックオフにて令和6年度から8年度までの中期計画を発表し、今年度は計画実現に向けた1年目となります。 ▽昨年度下期全社合宿 今回の全社キックオフでは、令和5年度の各事業部の成果報告やMVP表彰などを実施し、1年間の成果と個々人の努力を讃え合うとともに、まちづくり会社Foundi

【安平町】街の幸福度 自治体ランキング(北海道版)3位ランクイン!

大東建託株式会社が行う、居住満足度調査【街の幸福度 自治体ランキング(北海道版)】にて、安平(あびら)町が見事3位にランクインしました! 安平町は、2017年に「子育て・教育」を第一政策分野に置き、教育を主軸としたまちづくりを進めてきました。 本ランキングにおいて、昨年は累計回答数が50名未満だったことからランキング集計対象外でしたが、今年は見事3位にランクイン。 ▼公式サイトより “北海道安平町は、日本ユニセフが推進する「子どもにやさしいまちづくり事業(CFCI)」実

2023年度 下期キックオフ合宿が開催されました!

10月14-15日に、FoundingBase社の2023年度下期キックオフ合宿が開催されました。大分県豊後高田市の拠点に全メンバーが集合し、下期戦略およびその先の成長戦略へとつながる中期経営計画実現に向けた、これからのFoundingBaseにおけるターニングポイントとなる合宿でした。その様子をマネージャー坂和より報告させていただきます。 記事執筆者 パートナーコンサルティング部 マネージャー ■ そもそも合宿とは?FoundingBaseは全国21拠点で事業を展開して

2023年度上期『Best Project賞』 受賞インタビュー(北海道安平町 あびら教育フォーラムチーム)

FoundingBaseでは半期に一度、全社メンバーが一同に集う合宿を開催しています。 2023年度上半期合宿が先日行われ、「自由」のUpdateにつながるProjectを推進したチームに贈られる賞として、BestProject賞の授賞式を行いました。 2023年度上半期の BestProject賞を獲得したのは「安平町 あびら教育フォーラムチーム」。 日本一の公教育を目指すまち、北海道安平町は、最も優先するべき政策分野に「子育て・教育」を据え、学校教育と社会教育の2本柱

『TURNS(ターンズ)』にて、民間×行政でまちづくりを進める先行事例として、ご紹介いただきました。

【『TURNS』にて特集!】 今月の『TURNS(ターンズ)』にて、民間×行政でまちづくりを進める先行事例として、北海道安平町をご紹介いただきました。 2017年に「子育て・教育」を第一政策分野に置き、教育を主軸としたまちづくりを進めてきました。 この数年でまちの注目度は上がり、この2年で移住の問い合わせ件数は10倍に。 更なるまちの発展に貢献できるよう、未来のまちを見据えて、今後もまちづくりに邁進します。

Tokyo Education Showに参加決定!安平町の教育について代表の林が語ります!

あびら教育フォーラムでご紹介した、北海道安平町での教育まちづくりの実践を、Tokyo Education Showでお話をさせていただくこととなりました。 Tokyo Education Showとは、「特定非営利法人 教育の環」が企画・運営を行う教育イベントで、東京学芸大学で開催されます。日本国内の有名な教育実践者が集まり、実践事例の共有や模擬授業など、教育にまつわるコンテンツをぎゅっと2日間に詰め込んだ大規模イベントです。今回、株式会社FoundingBaseはこの取り

\日本一の公教育を目指すまち/北海道安平町にて、教育フォーラムを開催しました!

日本一の公教育を目指すまち、北海道安平(あびら)町は、最も優先するべき政策分野に「子育て・教育」を据え、学校教育と社会教育の2本柱で教育まちづくりを行なっています。 株式会社FoundingBaseは、2019年より開始した町独自の社会教育事業「あびら教育プラン」の立ち上げを皮切りに、今年度新設された小中一貫義務教育学校の域開放スペースの利用促進や、小中学校の総合的な時間のカリキュラム作成等、町民の方とともに教育まちづくりを推し進めてきました。 「日本一の公教育を目指すま

官民連携「教育まちづくり」の実践紹介!【日本一の公教育を目指すまち】8/3〜8/4フォーラム開催@北海道安平町

北海道安平(あびら)町は、「日本一の公教育を目指すまち」というキャッチコピーを掲げ、教育を軸としたまちづくりを実践するまちです。 株式会社FoundingBaseは、2019年よりこの町に拠点を設け、「教育魅力化推進事業」を業務として請け負っています。この数年をかけて社会教育事業「あびら教育プラン」の推進、学校内における地域開放スペースの利用促進、小中学校の総合的な探究の時間のカリキュラム作成等を行ってきました。 そしてこの度、株式会社FoundingBaseは「あびら教

町民の「やってみたい」を応援する。『ABIRA Talks』開催!! @北海道安平町

6月24日(土)に北海道安平町で実施したプレゼンイベント『ABIRA Talks』。子どもと大人合わせて70名以上の方々に向けて、2組4名が自分の想いをプレゼンに乗せて発表しました。 今回のnoteでは、その様子をご報告させていただきます!! ◆「子育て・教育」を第一優先政策に掲げる北海道安平町 北海道安平町は、2017年より町の第一優先政策として「子育て・教育」を掲げ、教育環境を魅力的にするべく、様々な取り組みを行なってきました。 例えば、公私連携幼保連携型認定子ど

2023年度、キックオフ合宿を開催しました!

新しい年度が始まり、先日4月17日〜18日に、毎年恒例の全社キックオフ合宿が開催されました。FoundingBase史上最多となる83名が大分県豊後高田市の拠点に集結しました。 ■合宿の目的 FoundingBaseは全国19拠点にメンバーが移住し活動を行っています。事業もさまざまな取り組みを行っており、観光・1次産業・教育・シティプロモーション・関係人口など多岐にわたります。全国で別々の事業をおこなっているからこそ、全員で集まり、お互いを労いながら、自分自身、そして事業・

2023年度新卒社員の入社式を開催しました!

今年も新卒社員10名が入社しました。 入社式の様子と新卒メンバーを紹介させていただきます。 入社式全国各地の拠点で活動する私たちが、半年に一度オフラインで集まるキックオフ合宿にて入社式を開催しました。 全国各地バラバラで働く中で円滑に仕事を進めるためにも、新卒社員の自分達を知ってもらう必要がある!と、入社式の挨拶を考えてきてくれました。 合宿1日目の合宿終了後の懇親会で、スムーズに会話ができるように、自分を表すキャッチコピーとFoundingBaseへの想いを発表。 懇

安平町役場の採用をサポート!“その人らしさ”を引き出す、採用候補者インタビューを実施

多様な知見を持った人材を確保するため、平成31年度から始まった安平町の役場職員採用支援プロジェクト。 情報チームでは、職員募集のポスター作成や「wantedly」を使った情報発信、オンラインイベントなど、「発見」から「応募」までに必要なステップを考え、トータルプロモーションを行っています。 その中でも今回は、応募後のフローとして新たに取り組んだ「採用候補者インタビュー」について紹介します。 採用支援のこれまでの活動と課題上記のような取り組みが功を奏し、近年の応募者数は増

22年度 4Qオンラインキックオフ合宿を開催!

株式会社FoundingBaseでは、2023年の1月13日にオンラインキックオフ合宿を開催しました!昨年度に引き続き、マネージャーが企画から実行まで実施をしました。 今回のテーマは一致団結! 毎年2回、2Qと4Qのはじめに開催するオンラインキックオフ合宿。今回は内定者も含め総勢70名を超える参加者となりました。オンラインではありますが、全社の社員が集まって事業と組織の両面から相互理解を深める場となっています。 今回のテーマは「一致団結」。組織が変化している今このタイミン

2022年度半期合宿を実施しました!

2022年度上期の終了と、下期キックオフを兼ねて半期の合宿を実施いたしました!今回は総勢70名以上が集まり、全国21拠点のメンバーが大分県豊後高田市に集合しました。 ■この合宿の目的 普段、FoundingBaseは全国21拠点にそれぞれのメンバーが現地で活動を行っています。事業もさまざまな取り組みをおこなっており、観光・1次産業・教育・シティプロモーション・関係人口など多岐にわたります。 全国に分かれて別々の事業をおこなっているからこそ、全員で集まり、お互いの苦労を労