北川村(高知県)
見出し画像

北川村(高知県)

活動メンバー

▶社員
 
 Education Div. Director 高橋 沙希
 Education Div. Director 眞鍋 勇貴
 Education Div. Director 中川 千絵美

北川村とは?

高知県の東に位置する北川村は、人口約1,200人の小さな村です。大政奉還を裏で支えた中岡慎太郎の出生地であり、全国でも生産量トップクラスの柚子は、秋になると村のさまざまな場所で実をつけます。観光地としても有名で、印象派の巨匠クロードモネが生涯の半分を過ごした、〈モネの庭〉を再現した北川村「モネの庭」マルモッタンがあります。

FoundingBaseの取り組み


▶ 村営塾「エソラ」の運営◀

そんな北川村には教育事業として、中学生を対象とした村営塾「エソラ」を運営しています。
「エソラ」に込められた想いは以下です。

画像1

エソラのロゴはこちら。

画像2

①雲:
エソラという名前の通り、大きな空をイメージしているのとともに、子ども達が乗り越えていくステップを表現しています。

②雲に続くライン:
大政奉還を支えた中岡慎太郎や、モネの庭を人口1200人の村に誘致した村長、北川のゆずを世界に送り出す農家さん、町の教育を変えようと奮闘する委員会のみなさんと、たくさんの先人や想い持った人たちの手で北川村の今がある。そうした人たちの思いがエソラにつながるように、そうした人たちの軌跡をイメージしています。

③ロゴに使われている青:
この青は、黄色と緑が混ざった青です。黄色は北川村が大切にしているゆずの色を、緑は、北川村を囲む雄大な自然をイメージしています。

④エソラの字体:
ポップな字体を使っているのは、エソラが、生徒ひとりひとりの「できっこないを超えていきたい」と願いを込めた塾だからです。今にもジャンプしそうな、明るいイメージの字体を使っています。

「エソラ」では、主に"知のトビラ"と”好奇心のトビラ”を拓くサポートを実施。
学校と連携した勉学のサポートはもちろん、正しく効率的な勉強方法を見につける「スキルアップ授業」も実施しています。
また、探究学習を中心とした「答えのない問いに向き合う」時間を大切にしています。

画像3

画像4

Member インタビュー


「自由」をUpdateする というMISSIONのもと、地方を軸に事業展開している地方共創ベンチャー企業です。