見出し画像

四万十町 「じゆうく。」のフミダスメンバーが広報誌一面に取り上げられました!

こんにちは!町営塾「じゆうく。」です!
町営塾「じゆうく。」は、高知県四万十町にある高校生向けの塾です。
町内にある2つの高校の生徒なら誰でも通うことが出来るようになっていて、現在は60名程度の生徒が在籍しています。

四万十町では、毎月町内に配られる「四万十町通信」という広報誌があるのですが、なんと、新年1月号の一面で、FoundingBase教育チームが行った「フミダス!」プロジェクトを特集していただくことが出来ました。

▶「フミダス!」とは?

それはある1人の役場広報担当の方からお声がけいただいたことがきっかけでした。

「「じゆうく。」さん、頑張ってますよね。もしよければ特集させてもらえませんか?」


毎日全力で生徒と対峙している「じゆうく。」ですが、町の人に私たちの活動を知っていただく機会は、そんなにたくさんあるわけではありません。
とてもありがたいお声がけに、二つ返事でお願いをさせていただきました。

今回特集していただいた「フミダス!」は、FoundingBaseの3つの教育事業地を横断したプロジェクト。
「じゆうく。」からは6名の生徒が参加しました。
その中の2名の生徒にインタビューをしていただき、塾の紹介も含め4ページも作成いただきました。

インタビューをしてもらった2名の生徒は、照れながらも堂々と自分たちが学んだこと、挑戦したこと、頑張ったことを話していました。2人ともとても嬉しそうでした。

私たちが驚いたのは、生徒達からすらすらと言葉が出てきたことでした。
「フミダス!」は全5ヶ月ものロングプロジェクト。その中で自分が得た発見をきちんと整理し、自分の感情の浮き沈みや、次に活かしたいところまでを言語化し、他者に伝えることはそう簡単なことではありません。
以前は、「どう思う?」と聞いても「うーん」と悩みこんでしまうことが多かった生徒が、「苦しいこともあったけど、自分の殻を破り、自分は進化出来ると信じることが出来た」と語る姿は、このプロジェクトでどれだけ真剣に取り組んだかを物語っていました。
そして、四万十町通信が発行されると、町の方々から「見たよ!すごいね」「こんなことしてたんだ!」と声をかけていただきました。
特にありがたいなと感じたのは、地元中学校の校長先生から、わざわざメッセージをいただいたことです。

「素晴らしい活動をされていると思います。「じゆうく。」は生徒にとって、本当にいい学びの場ですね。」

こうして積み重ねていくことで、「じゆうく。」が町の人にとって少しでも頼もしい存在であれるようになれたらと、心から思った出来事でした。

スクリーンショット 2021-01-26 12.06.56

スクリーンショット 2021-01-26 12.07.11

スクリーンショット 2021-01-26 12.07.29


23
「自由」をUpdateする というMISSIONのもと、地方を軸に事業展開している地方共創ベンチャー企業です。