見出し画像

眞鍋 勇貴(Manabe Yuki)

Education Div. Director  / 豊後高田team・吉備中央team
1992年生まれ。滋賀県彦根市出身。高校卒業後、立命館大学法学部法学科国際法務特修にて労働法を専攻。新卒で大和証券に入社し、佐賀県で個人・法人の営業を経験。その後、ワークスアプリケーションズに未経験エンジニアとして転職し、開発業務に従事。
2017年10月、FoundingBase入社。Education Div. Directorとして、大分県豊後高田市で活動中。市内唯一の高校に常駐し、教職員と共に教育活動の魅力化を推進している。

好きなことに夢中だった学生時代

「あなたは何をしているときが一番幸せですか?」と聞かれれば、私は「読書です!」と即答します。それくらい読書が好きで、本に救われた人生だと思っています。

読書するようになったきっかけは、小学校2年生のときです。当時の私は体が弱く、熱が出たりお腹が痛くなったりして友達と遊べないときが何度もありました。そんな時に「月〇冊本読んだら、欲しい物買ってあげる。」と叔父に言われ、「ゲーム買ってもらえるなら仕方なく読むか」という気持ちで読書を始めましたが、そこから読書にはまり、誕生日やクリスマスのときは「怪人20面相シリーズの本が欲しい」とお願いしていたのを覚えています(笑)

中学に入ってからは、漫画『テニスの王子様』の影響もあってテニス部に入ろうと思いましたが、テニス部がなかったので仕方なくバドミントン部に入りました。

仕方なく入った部活でしたが、1年生大会に出場できなかったことが悔しく、中学2年生から地域のクラブチームに入りました。そこからは部活に行っては夜はクラブチームに行くバドミントン漬けの日々でしたが、とにかく楽しい毎日でした。努力している感覚もなくバドミントンに夢中でした。

高校に進学しても変わらずバドミントン漬けの毎日でした。1年生の頃から、先輩の練習メニューに「全然軽すぎます」と文句を言って代替メニューを提案するなど大変生意気な後輩でしたが(笑)、それが受け入れられるとてもフラットな環境でした。2年生になり、キャプテンに就任し、シングルス・ダブルスで近畿大会に出場するなど個人的な目標は達成できました。そこから「チームで勝ちたい」と強く思うようになり、後輩育