latest news

2018.01.19

【プロジェクト】津和野で『ファンモン』、配ってます

「ファウンディングベースって何やってるのか分からない…」
「一体、どんな人が働いているの?」

 

津和野で働いていると、町の方々からこのような声が寄せられることは珍しくはありません。

 

「それじゃダメだ!もっと町民と繋がりたい!」と立ち上がったのが、津和野で活動する宮武優太郎。彼が昨年8月にスタートさせたのは、ファウンディングベースの町内向け活動情報誌『ファンモン』。名前の由来は、「ファウンディングベースの若者(わかもん)」を略したものです。

 

メンバーの人となりや取り組む事業について紹介していますが、文章だけだとつまらないので、絵が得意な宮武による4コママンガを載せるなど、町の人が気軽に楽しく読めるようにと工夫を凝らしています。

 

現在は、新聞折込や町の広報誌と一緒に配布されているファンモン。スタートして以降は、
「ファウンディングって町のために頑張っていたんだね」
「ファウンディングの◯◯さんに、この仕事をお願いしたい」
など、町の方との新しい繋がりが生まれています。気軽に声をかけていただけるようにもなり、とても励みになっています!

 

12月にはVol.4が発刊されました。町の人の声に応えながら、どのような進化を遂げていくのか?2018年のファンモンにご期待ください!

 

※ファンモンVol.1〜Vol.4は東京・文京区にある「津和野町東京事務所」にも置いてもらっています。興味のある方は是非立ち寄ってみてください!

 

 

ファンモンのバックナンバー

Vol.1

ファンモン vol.1

Vol.2

ファンモン vol.2

Vol.3

ファンモン vol.3

Vol.4

ファンモン vol.4

back to top

other news