latest news

2016.08.24

【津和野】廃校になった小学校を利用し、展示会を開催!

FoundingBaseのキーマンが活動する島根県津和野町内には、「須川(すがわ)」という集落があります。

豊かな自然に囲まれたこの地域ですが、5年前に小学校が廃校になり、高齢化が進みつつある課題先進地区です。

なんとかこの場所を残したい!と2015年8月からFoundingBaseのキーマンが町の住民と一体となり、「わくわく須川実現プロジェクト」という集落を盛り上げる活動を行っています。

 

info@nakamurahitoshi.com

▲町民にヒアリングをするFoundingBaseキーマン

 

今年は「人を迎える地域づくり」と称して、情報発信に力を注ぎ、集落内で行われる5大祭りのサポートを行います。

 

須川ポスター赤須川ポスター青

▲制作したポスター

制作や展示会の開催は文化批評雑誌を刊行する「Rhetorica(レトリカ)」から、太田知也さんと永良凌(ながらりょう)さんが協力してくださいました。

 

8/13に行われた夏祭りでは、長い期間をかけて企画をしてきた5つのロゴマークの展示会「これが須川のロゴじゃけえ!展」を開催しました。

今回作成したロゴマークは、住民のヒアリングを元に作られ、そこで暮らす人たちが大切にしてきたものが落とし込まれています。

 

 

DSC_5181_reDSC_5175_re

▲展示会場として地元の人たちの思い出が詰まった須川小学校を再利用DSC_5349_reDSC_5360_re

 

当日は多くの方に投票いただき、須川を象徴する風景を図案化した「須川ブランド」がこの地区のロゴマークとして正式に認定されました。(200人弱の集落で45票を獲得!)

 

DSC_5518_re

 

 

 

須川の魅力が詰まったこのシンボルが100年、200年とこの集落を支えていくことを願います。


わくわく須川実現プロジェクトのレポートは今後も行っていく予定です。
次回もお楽しみに!

 

 

 

DSC_5487_re

▲素敵なロゴを手がけて下さったラーメンこと、永良凌さん

 

(弘重裕子)

back to top

Tsuwanocreateに関連するニュース

other news