latest news

2017.11.01

共同代表取締役・右の林がアショカ・フェローに選ばれました。

共同代表取締役・右の林賢司が、世界的な社会起業家の支援組織「アショカ(ASHOKA)」から、日本で6人目のアショカ・フェローとして選出されました。 >>詳細はこちら(外部リンク)

 


アショカってどんな組織?

アショカは1980年に発足した世界的な社会起業家の支援組織であり、同時に世界90カ国で展開し、約3200人がフェローが存在するネットワークです。アショカは社会システムを変革する活動をする社会起業家を「アショカ・フェロー」として認証し、アショカのネットワークに入れることで活動の発展や影響力拡大を支援します。代表的なアショカ・フェローには、 グラミン銀行を立ち上げノーベル平和賞を受賞したムハマド・ユヌス氏、Teach For Americaの創業者であるウェンディー・コップ氏、 Kivaを創業したマット・フラネリー氏、Wikipediaの創業者であるジミー・ウェールズ氏などがいます。フェローたちのアイデアは、5年以内にその56%が各国政府の政策に影響を与え、社会変革に貢献しています。

◆ Ashoka(英語)
https://www.ashoka.org
◆ アショカ・ジャパン
http://japan.ashoka.org/

 

今回の選出は林個人の成果ではなく、FoundingBaseというチームや各自治体の皆さまと一緒に行ってきた取り組みを、認めていただけたことだと考えています。選出されたことは励みにしつつ、改めて目の前の活動を地道に一つ一つ行っていきたいと思います。

今後とも、変わらぬご支援のほど、よろしくお願いします。

back to top

other news