latest news

2018.07.22

「あなたはどう生きるの?」〜前編〜

こんにちは!岡山県吉備中央町、町営塾kii+(キイト)スタッフの前嶋英里です。

 

町営塾kii+では、外部講師に阿曽沼陽登(あそぬまきよと)さん(以下きよとさん)をお迎えし、「正しさのない生き方を引き受ける」をテーマとした探究授業を行いました。

 

今日から2回に分けてその様子をお伝えします!

 

 


おでん屋×学習塾の『陽向舎-hinataya-』

きよとさんは、岡山県倉敷市生まれ。そこから少し特殊生き方を選択し、現在は神奈川県藤沢市にあるおでん屋『ひなた』で、学習塾『陽向舎-hinataya-』を運営しておられます。

 

…ん??おでん屋で塾??

そう思ったあなたは、もしかすると「思い込み」に縛られているのかもしれません。

 

…なんて、こんな偉そうなことを言っていますが、私も「おでん屋さんで塾をやっている」と聞いた時、「おでん×学習塾」という今まで聞いたこともない組み合わせに、頭の中がハテナでいっぱいになりました。

 

でも、「飲食店で塾を経営してはならない」なんて法律は世の中には存在しないはず。それなのに何故、違和感を覚えるのでしょうか?この違和感の正体こそが「思い込み」。人は、経験を積み重ねる中で「自分の価値観」を形成していきます。そして、無意識に「自分の価値観」のフィルターを通して物事を当てはめています。つまり、「思い込み」だと認識しないままに思い込んでいるということになります。

 

 


自分の価値観と、本当に大切にしたい価値観。

その「自分の価値観」はあなたが本当に自分が大切にしたいものですか?
これが今回の授業のテーマです。

 

今回の授業の理想のゴールは「自分の価値観の中にある思い込みを脱し、本当に大切にしたい価値観を探す」こと。

 

社会の変化とともに、多様な「生き方」が認められるようになってきている日本。そして大きく変化し続ける時代を生きていく生徒たち。人の出入りが盛んな都市部では、多様な「生き方」に触れられる機会が多いですが、地方部は、なかなかそうした機会に触れることが難しいと感じます。

 

今回は岡山出身のきよとさんが、同じ岡山に住む吉備中央町の中学生と出会い、彼が歩んできた少し特殊な「生き方」と「価値観」を注入します。

 

こうした外部からの新しい価値観(=「あなたの価値観」)の刺激と、「思い込み」(=「わたしの価値観」)との向き合い方を通じて「思い込み」から脱し、「あなたの価値観」とは違う「わたしの価値観」を探すきっかけになることを目指して授業を行いました。

 

授業での子どもたちの変化や感じたことについて後編でお伝えします^^

 

 

(文・前嶋 英里

back to top

町営塾kii+(きいと)に関連するニュース

other news