LatestNews

2018.07.29

四万十町の「じゆうく。」に、忍者がやって来た?!

高知県四万十町も、夏真っ盛り。

 

西日本豪雨から、早1ヶ月近くが経とうとしています。丁度その豪雨の真っ最中、四万十町の高校は期末テストがスタートしていました。

 

今回は、四万十町営塾「じゆうく。」の期末テスト期間の日々をご紹介したいと思います。

 

 


計画シートと、忍者?

テスト期間は、テスト開始の1週間前から始まります。「じゆうく。」は、その数日前からテスト体制に入りました。

 

今回の目玉は「テスト対策計画シート」の作成。しかし、ただの計画シートではありません。今回は、生徒がしっかり計画を立てられるように、あるゲストが来てくれました!

 

「忍者」です。

 

忍びの国から忍者が助っ人に来てくれたのです!

 

「忍(ニン)!!」という合言葉を発しながら、任務遂行書(計画シート)を片手に、計画を立てる大切さを説明をしてくれました。

 

「計画をしないと、テスト直前になって『あれもこれも終わってない~』と慌てることになるのじゃ。抜け漏れなくしっかり計画を立てておくことが、満点に近づく秘訣でござる」

 

そして、計画の立て方がわからない・・・という生徒にも忍者は丁寧に説明をしてくれるのです。

 

「計画表にはまず、テスト日程から書くのじゃ。そこから逆算をし、自分の苦手科目と相談をして、どの科目にどれだけ力を入れるか考えるのじゃ。計画は細かい方がいい。ワークの何ページ目をやる、といった細かさが大切なのじゃ」

 

最初は「え?」と戸惑っていた生徒も、次第にくすくすと笑いながら楽しそうに計画を建て始めました。今までは真っ白で終わっていた計画表に計画が書き込まれていきます。

 

忍者の大活躍のおかげです。

これこそが、「じゆうく。」のテスト対策のひとつです。

 


いかに楽しく、やらされ感なく、できるか。

学習のことを主に計画する学習チームが中心となり、計画表を書けず勉強に抜け漏れが出てしまう生徒が、どのように計画を立て、勉強を進めてもらえるかを考えた結果、「スタッフが忍者に扮して一緒に計画を立てる」という奇抜なアイデアを出し、実行しました。

 

スタッフが大切にしたのは「楽しさ」です。

いかに楽しく、やらされ感なく計画表を書くことが出来るかを大切にしました。

 

その他にも、テスト範囲を網羅したプリントを用意したり、誰もが一目瞭然でわかるテスト範囲掲示板を作ったりもしています。それぞれのスタッフが塾後も生徒の質問に答えたり、一人一人に「頑張れメッセージ」を書いていたスタッフもいました。

また、生徒に合った勉強法を一緒に探し、それをテスト期間中伴奏し続けたスタッフもいました。

 

先日、多くの生徒から「テスト返ってきたよ!」の声が。

 

「今回じゆうく。で一緒に暗記したところ、全部答えられた!正直こんな簡単でいいのかって初めて思ったよ!」

「生物、100点取れたわ」

「全部、ちょっとだけど、中間より上がってたよ!」

 

とうれしい声を聞くことができました。

 

彼ら彼女らが「じゆうく。」に通って、ひとつでも「できた」経験が増えるように、これからもスタッフみんなで試行錯誤をしていきます。

 

つぎは夏休み明けの中間テスト。つぎは誰が助っ人に来てくれるのでしょう!期待しましょう♬

 

 

(文・高橋 沙希)

町営塾じゆうく。に関連するニュース

Other News

more