LatestNews

2018.09.14

【香港・深セン視察レポート】中国のソーシャルイノベーションの現場を巡る。

津和野町マネージャーの坂和貴之です!

9月3日から9日までの1週間、香港や深センなどを巡り、中国のソーシャルイノベーションや先進的な教育現場などを視察してきました。今回は津和野で出会った中国の起業家たちとの縁で実現したこのツアーの様子をお届けします!

 

 

 

『中国→津和野』から『津和野→中国』へ!

ツアーのきっかけは、中国人のBobo Liさんが日本を旅する中で津和野に立ち寄ったことから。彼は日本を旅する中で様々な生き方を選択する人たちと出会ったことから、それを中国の若者に紹介し、自分の生き方を考えてもらうツアーを立ち上げました。このツアーは津和野などでこれまでに複数回行われています。

 

津和野ツアーの際に、現場をコーディネートしてきたのが津和野のキーマンである宮武優太郎と、ヤマタツこと山本竜也でした。その中で、受け入れてばかりではなく、こちらから中国を知る機会を作りたいという想いから生まれたのが今回のツアー。ツアーは9名の日本参加者とBoboさんを中心とした中国側のコーディネーターチームで行われました。急激な変化を遂げる多様な中国の様子と、その中での様々な出会いとを、複数回にわたってレポートしたいと思います!

 

 

 

香港: 『青年広場:youth square』、ソーシャルイノベーションファーム『good lab』

旅の始まりは香港!ここでは、若者向け公共芸術施設「青年広場:youth square」、ソーシャルイノベーションファーム「good lab」に行ってきました。

 

香港は少ない国土に多くの建築群が建てられていますが、地価の上昇は著しい地域です。若者が私設空間で何かをしようにも、利用料が高かったり、予約が取れないなどの問題がありました。その中で設立されたのが、この「youth square」。

 

 

青年(13-29歳)なら優先的かつ安く、ダンスルームやスタジオなどが借りられます。また宿泊施設もついていて安く借りられたり、また伝統芸能などの授業を提供する民間企業がテナントとして多く入居していました。

 

「good lab」は香港を代表するソーシャルイノベーションファームです。オフィスはシェアオフィスになっており、とても素敵な空間でした。good labではアーティストの表現の場を作り上げている他、住民のアイディアを使って公園や図書館など公共空間の活用方法を考えたりしており、面白くプレゼンテーションを聞かせてもらいました。

 

 

2日目からは中国・深センに入り、レモンアパートメント視察や南方科技大学実験小学校でのプレゼンや交流などと続いていきます!(〜後編へ続く〜)

Other News

more